1
4年生編 パート2

試合の勝ち方教えます。 〜4年生編 パート2〜

2005年 スポ少大会 キョ−スケ(4年)の勝った試合のビデオから考えてみよう。

赤がキョースケだ。

キョースケ メ ○ ・ × N君

相手は、3年の時のビデオと同じN君だ。

そう。N君とのたたかいにはつづきがあったんだ。

3年のときは、N君の、引きわざのあとのしつこさに負けてしまったよね。こんかいのしあいはどうだったかな?

このビデオは、キョースケが一本を取ったあとからのもの。つばぜりあいのようすはどうだろう?

3年のときとあきらかにちがうよね。キョースケはひきわざをぜんぜん打たないよね。じつは、大会の前に、キョースケに言っておいたんだ。

「もしN君と戦うことがあったら、思い出せ。ひきわざのあと、しつこくついてくるぞ。だからひきわざをあえて出さないぐらいでいいぞ。そのかわり、相手がじれてひきわざを打ったら、すかさずついていけ!」

キョースケがそれをまもった戦い方がこのビデオなわけだ。

いいかな、キョースケはひきわざを打たないのではなく、がまんしてるんだ。ここがポイントだ。

わかったかな??

お品書きへ  ↑ページの上へ↑

Copyright ( C) 2009 "A way to the 5-dan of kendo" All rights reserved. | Produced by dadada. | Since 2006.8.18

 

 

inserted by FC2 system