1
剣道家の怪我の話
TFCC損傷 〜手首に激痛が走ったら疑うべし!〜

「手首が痛いなぁ・・。」

剣道は肩、肘、手首と、腕全体を使いますし、防具の上からとはいえ竹刀でぶっ叩かれるわけですから、腕のあちこちが痛くなるのは慣れっこですよね。それが長年続くと、もう何で痛いのか分からなくなったりして・・。

私のような週1〜2回程度の稽古量のごくごく一般的なリバ剣士でさえ、年齢とともにいろんなところが痛んできてしまいます。現役バリバリの競技剣道をしているわけでもなければ、学生でもありませんから、激しい稽古をしているわけでもないのに・・。

45も過ぎようというような年齢になると、四十肩、五十肩なんてのもありますね。私も35を過ぎた頃から左肩が痛くなり、それが直ったかと思えば右肩が痛くなり、そして今はまた左肩が痛い・・。四十肩、五十肩なんて、めずらしい症状でもないのに、実際それがなぜ起るのか、実はあまりよく分かってないとか。したがって、よっぽど重傷なら手術なんてことにもなるのでしょうが、軽妙な症状だと、実はこれといった速攻完治するような治療法ってないようです。

同じようなことが、手首痛にも言えます。

「手首が痛い・・」

こう感じた時に、まず疑うのは腱鞘炎ですよね。その腱を触ったり押さえたりすると痛いとか張っているとか腫れているとか。腱鞘炎なら、それこそ湿布でも貼ればそのうち直るかな?って考えてしまいますね・・・・。

狭窄性腱鞘炎 ドゥケルバン腱鞘炎 バネ指 アキレス腱鞘炎
腱鞘炎ノート腱鞘炎とは

ところが、どうも腱鞘炎とは違うんじゃないか、と疑い始めたら??

「骨折? 骨にヒビ?」

私の場合、とりあえずすぐにネットで調べることにしたのですが、調べはじめたらすぐに、まぁ出て来る出て来る!

そこで知ったのが「TFCC損傷」ってやつでした。

〜私の勉強部屋〜 > TFCC損傷
たはら整形外科 > TFCC損傷
TFCC損傷 治療記(尺骨突き上げ症候群・尺骨骨切り短縮術)
TFCC損傷(三角線維軟骨複合体損傷)
TFCC損傷【手首の痛み】(2ちゃんねる)

上のリンクをご覧になれば、もう十分でしょう。私がわざわざここで言い換える必要もありませんね。

これらリンクに書かれている症状。どういう時に痛いか、など。見れば見るほど私が抱えている手首痛と同じ。これはひょっとしたら?? 考えてみたら、思い当たる節が次々と思い浮かびます。というか、そもそも二刀流を始めてしばらくしてからすでに痛かったと言っても過言ではありません。

「そう。そういえば、ずっと痛かったかもしれない・・。」

痛いけど、そのうち直るだろうと、どこかで思っていました。

「しかし、ここ2ヶ月あまりの痛みは、ちょっと放置できないほど痛い! 腱鞘炎かもしれないしTFCC損傷かもしれないし、どっちでもいいから、とりあえず事実関係をはっきりさせたい!」

そこで整形外科に行ってみることにしました。行った病院はこちら。

メディカルポート練馬 まつだ整形外科


NEXT >>

 

お品書きへ戻る

Copyright ( C) 2010 剣道五段への道 All rights reserved. | Produced by dadada. | Since 2006.8.18
inserted by FC2 system